パナソニック テクノストラクチャー

テクノストラクチャーとは

住まいにおいて構造はもっとも重要な事項です。そこで鉄骨の強さと、木の優しさを融合するという考え方で生まれたテクノストラクチャーは、パナソニック電工が独自に開発した新しい木造耐震住宅工法です。在来木造でなく、鉄骨でもない、第三の工法です。

地震に強い家が、大切な家族を守ります


鉄と木の複合梁「テクノビーム」
テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱の約1.5倍の強度を持つ集成材柱でさらに耐震性を高めています。
丈夫で長持ち、構造部材の徹底強化
テクノストラクチャーは、工業化により安定した品質のオリジナル部材を採用。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつひとつにまで細かな仕様を規定しています。


実大振動実験で震度7をクリア
テクノストラクチャーによる住宅は、阪神大震災クラス(震度7相当)のゆれを5回にわたって加える振動実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が立されています。

「設計」「部材」「施工」の3つの品質へのこだわりぬいた工法


建てる前に一棟一棟緻密な構造計算
テクノストラクチャー工法による住まいは、自動躯体設計システムという、在来工法では」ほとんど行われていないコンピュータによる高度な構造設計・構造計算を全棟で実施。「地震」「台風」「豪雪」などの災害による建物へのダメージを建てる前の段階でチェックします。
邸別にて工場生産
構造計算結果に基づき、パナソニック電工株式会社の工場で住宅一棟一棟ごとに邸別生産・品質管理されます。


責任施工と入念な検査
パナソニックビルダーグループのたけむら不動産が、構造計算どおりに責任をもって施工致します。信頼の施工体制により構造計算どおりの躯体を実現します。専門担当者による入念な施工検査も実施しています。